残ったおかずを無駄にしない方法

みなさんは、夕食を作りすぎて余ってしまい困った事はありませんか?

2日続けて出すと家族に嫌な顔をされる。かと言って捨てるのはもったいないですよね。
私もずっと悩まされてきました。その結果、リメイクしてみました。

まずはコロッケにリメイクします。リメイクするおかずは、おでん、肉じゃか、すき焼き、カレーです。
作るコツは、ただ、全てを小さく刻み、まとまりにくい場合は、マッシュポテトで固さ調整する。
たったそれだけです。味付けも、元の味が濃いので一切しなくても大丈夫です。

また違った味になり、家族にも好評です。

後は、ついつい作りすぎるひじきや、切り干し大根は、冷凍保存ができるので小分けにしておいたら便利です。

ハヤシライスは、いつも余ったら具のない簡単なオムライスを作りそこにハヤシライスをかけてオムハヤシにします。

天ぷらが余ると天丼。

餃子の具が余れば団子にして、鍋にいれます。鶏ガラスープに醤油。
そして、ほんの少しだけごま油をいれたら、中華風鍋になります。

おかずリメイクのコツは、手抜き感を出さない事です。
「また?」と思わせずに「何?変わってるね」と、言われたら、
すごくうれしいですし、節約にもなり一石二鳥です。

食事への気遣いを怠っていると、病気になってしまうことがあります。
病院まで歩いていければいいのですが、その余裕がないときもありますね。
横浜の在宅医療はここがおすすめです
家まで来て診察してくれるので、高齢の方にはうれしいサービスですね。